劣化土壌地域における土地劣化抑制・有効利用促進のための
能力強化プロジェクト
~ Projet de Renforcement des Capacités pour le Contrôle de la Dégradation des Terres et la Promotion de leur Valorisation dans les Zones de Sols Dégradés (CODEVAL) ~


対象国名 セネガル
 
協力期間 2011年3月~2017年3月
 
対象地域 ファティック州 ファティック県、フンジュン県
カオラック州 カオラック県、ニオロ県


実施背景
セネガル国では、生産性の低い裸地や草生地(酸性硫酸塩土壌)の拡大、農地の塩害、落花生盆地の過剰単一栽培や過放牧による土地の疲弊が、大きな問題となっています。ファティック州とカオラック州でもこの問題は深刻で、耕作地や林地は減少し、単位面積あたりの穀物等収穫量も低下が続いており、特に人口増加の問題も抱える両州では、村落住民の生活に多大なる影響を及ぼしています。

これに対しセネガル国政府は、貧困削減戦略ペーパーと環境セクター政策書簡における目標を達成するため、予算の効果的な拠出を掲げた3年単位の「環境セクター中期支出計画」を策定、持続的な開発と貧困削減のために自然資源の合理的な管理を促進し人々の生活の質を向上することを目的として、「森林破壊及び土壌劣化対策」を含む8つのプログラムを策定しました。

これまでも、この地域ではいくつかの土壌劣化対策プロジェクト等が実施され、土地改良・植林・保護区域の設置などの対策が行われてきましたが、それらの活動や技術は体系的に整理・蓄積はされていませんでした。また、村落部での住民による活動もプロジェクトの終了とともに停滞することが多く、導入された活動や移転された技術は他の地域にはなかなか波及せず、再び土地の劣化が始まってしまうことも少なくありませんでした。

このような状況を改善すべく、セネガル国政府は日本政府に対し協力を要請し、2010年6月から7月にかけて実施された詳細計画策定調査を経て、本プロジェクトが実施されることとなりました。


上位目標
対象地域において、土地劣化抑制・有効利用促進のための活動が実施される。


プロジェクト目標土地劣化抑制・有効利用促進のために必要な関係者の能力が向上する。
 
成果1.土地劣化抑制・有効利用促進対策を行う優先地域が明らかになる。
2.土地劣化抑制・有効利用促進のために必要な技術が改良・開発される。
3.パイロットプロジェクトの実施を通じて、土地劣化抑制・有効利用促進に有効な技術・対策が明らかになる。
4.優先地域におけるパイロットプロジェクトサイト以外の関係者の土地劣化抑制・有効利用促進対策にかかる意識が向上される。
 

 
活動: 1.1 対象地域全体の土地劣化・有効利用の程度及び分布に関する現状を把握する。
1.2 優先地域選定のための基準を策定する。
1.3 上記基準に基づき、対象地域における優先地域を検討する。

2.1 土地劣化抑制・有効利用促進のための既存の対策や採用している技術の有効性や問題を、住民参加の視点も含め分析する。
2.2 2.1に基づき、必要な技術の改良・開発について検討する。 

3.1 劣化の原因や社会的要素等を考慮し、パイロットプロジェクトサイト を選定する。
3.2 ベースライン調査を実施する。
3.3 各サイトでの実施体制を整備する。
3.4 各サイトでの活動計画を策定する。
3.5 住民を主体とした活動を実施し、対策の実証を行う。
3.6 実証の結果、土地劣化抑制・有効利用促進のための技術・対策をまとめる。

4.1 プロジェクトで改良・開発された技術を普及させるための手法を検討する。
4.2 優先地域の関係者に対する研修ニーズを把握する。
4.3 研修内容を検討する。
4.4 研修を実施する。



 

SelectionFile type iconFile nameDescriptionSizeRevisionTimeUser