環境と経済が調和した村落開発推進計画(エコビレッジ推進計画)
Project on Promotion of rural development in harmonization with Ecology and Economy
:Promotion of Ecovillages 




象国名: セネガル国
協力期間 : 2012年10月~2016年8月
 
対象地域 : ルーガ州、ファティック州、ティエス州

実施背景
: 
セネガル国(以下、セ国)は独立以来、高い政治的・社会的安定を保ち、順調な経済成長を遂げており、ここ近年も石油価格高騰や世界的な金融危機の影響を受けながらも成長(2010年で4.1%)を続けている。しかし、貧困率は2009年までは緩やかに減少したものの、依然として50%を超える高い水準にある。

また、順調な経済成長の一方で、都市部と村落部の貧困格差が拡大している。セ国の全人口(統計人口局2010年:約1,250万人)の6割を占める農村地域の住民は気候等の自然環境の影響を受けやすい一次産業に依存しているため、住民の生活や収入は不安定であり、森林や水などの限られた自然資源の持続的管理にも配慮が行き届いていない状況にある。その結果、自然資源の減少や土壌の劣化などの進行が農牧水産業における生産性の低下を招き、さらなる貧困化をもたらしている。このような状況は、若者の多くを出稼ぎ労働者として都市部に流出させると同時に農村部には労働力の減少に伴う生産性の低下を招き、都市部における貧困層の増加と農村部における過疎化の進行という社会問題を顕在化させている。

上述のような社会経済的な状況はグローバルな環境問題とは不可分ではなく、気候変動に立ち向かう上でクリーンエネルギーの利用促進が世界的な潮流となる中で、セ国の農村部における気候変動適応も政策的関心に数えられるようになった。このような状況にあってセ国は、持続的地域開発、特に農村人口の持続的人間開発という課題に対処するため、社会的発展、不平等への対策、環境と自然資源の保護、地域潜在力の活用を包括する新たな経済開発モデルとして「エコビレッジ」構想を打ち立て、2008年8月、全国の14,000か村をエコビレッジ化するという計画の下にエコビレッジ庁(ANEV)を設立した。この革新的な構想を達成するための国家計画として、2010年7月に国家エコビレッジ計画(初版)が策定された。

このような背景を受けて、セネガル国政府は日本政府に対して、エコビレッジ計画促進に係るマスタープラン作りのための開発調査を要請し、2012年1月に詳細計画策定調査を経て、環境と経済が調和した村落開発推進計画(エコビレッジ推進計画)の枠組みを決定した

上位目標 : 
「エコビレッジ(環境と経済が調和した形での村落開発)」が、対象3州(ルーガ州、ファティック州、ティエス州)で推進される。

プロジェクト目標・ 対象3州における、エコビレッジ計画(開発計画)の策定
・ エコビレッジ・プラットフォームの構築 
・ エコビレッジ実施に関する実施機関およびその他関係機関の能力強


活動の概要: 
・ エコビレッジ・プラットフォームの構築
・ 対象3州のエコビレッジ計画の策定
・ エコビレッジ技術・アプローチ集の策定
・ パイロット・アクティビティーの実施・評価
・ 実施機関及び関係機関のキャパシティディベロップメント 
 
SelectionFile type iconFile nameDescriptionSizeRevisionTimeUser