タンバクンダ、ケドゥグ、マタム州 村落衛生改善プロジェクト   
~ Projet Intégré pour l'Amélioration des Conditions d'Hygiène et d'Assainissement en milieu rural 
dans les régions de Tambacounda, Kédougou et Matam (HYGI.ASS/RURAL)~

対象国名            セネガル  
協力期間            2012年3月~2016年2月  
対象地域            タンバクンダ州、ケドゥグ州、マタム州

実施背景           
セネガル国政府は、ミレニアム開発目標とヨハネスブルグ・サミットにおける水と衛生分野の目標を達成するため、「水と衛生に関するミレニアムプログラム(PEPAM)」を策定し、村落部の人々の安全な水へのアクセス率を、2004年の64%から2015年までに82%へ引き上げることを目標に掲げました。また、基礎的な衛生施設(トイレ等)へのアクセス率についても、2005年の26.2%を2015年までに63%に引き上げる計画です。
これまでの取り組みの結果、安全な水へのアクセス率は、2010年には76.3%まで改善しましたが、基礎的な衛生施設へのアクセス率は約29%に留まり、2015年までの目標達成が危ぶまれています。
 
セネガル国の南東部に位置するタンバクンダ州、ケドゥグ州、マタム州の地域は特に貧困層住民の割合が大きく、住民の衛生意識の欠如等により、基礎的な衛生施設へのアクセス率は、それぞれ21%、6%、14%と全国の平均を大きく下回っています。また、乳幼児死亡率も高く、その主要因を下痢性疾患が占めています。これらの背景には、安全な水の不足と劣悪な衛生環境が挙げられ、村落部における衛生状況の改善が喫緊の課題となっています。
この状況を受け、セネガル政府は日本政府に対し状況改善に向けた協力を要請し、本プロジェクトが実施されることとなりました。
 
 
 
 
 
 

 

 


上位目標            :


プロジェクト目標  :


果                  :


  
対象州において、村落部の住民の衛生習慣と基礎的な衛生施設へのアクセスが改善する。

プロジェクト対象村落において、住民の衛生習慣と基礎的な衛生施設へのアクセスが改善する。

1. 対象各州において、村落衛生改善のための実施体制が構築される。
2.パイロット村において、トータルサニテーションが達成される。
3.パイロット村において、基礎的な衛生施設(トイレ)が普及する。
4.成果2および成果3にかかる活動のモニタリング・評価体制が構築される。
5.パイロット村での成果の普及に向けた戦略(普及計画、実施体制等)が整備され、パイロット村以外の村で実施される。


SelectionFile type iconFile nameDescriptionSizeRevisionTimeUser