ブルキナファソ国 村落給水施設管理・衛生改善プロジェクト・フェーズ2
Projet de Renforcement de la Gestion des Infrastructures Hydrauliques de l’Approvisionnement en Eau Potable et de Promotion de l’Hygiène et de l’Assainissement en milieu rural Phase II (PROGEA II) ~

対象国名 ブルキナファソ
協力期間 2015年9月~2018年8月
対象地域 ワガドゥグ,南部中央州,中央プラトー州
実施背景
ブルキナファソ政府は、村落部における飲料水供給施設の持続的な維持管理を実現するため、「水・衛生にかかる施設の維持管理システムの改革(REFORME)」を進める傍ら、2006年には「飲料水・衛生供給国家計画(PN-AEPA)」を策定し、2005年時点で適切な飲料水や衛生へのアクセスのない人々の割合を2015年までに半減させることを目指している。

わが国は同改革の実施と普及に貢献するため、2009年から4年間にわたり「中央プラトー地方給水施設管理・衛生改善プロジェクト(PROGEA)」を実施し、水利用者組合、コミューン、ポンプ修理業者等に対する能力強化に尽力した.

PN-AEPA策定以降、一定の改善は見られているものの、地域によって進捗に差が生じているなど、持続的な維持管理システムの定着にはさらなる取り組みが不可欠である。本案件は、REFORMEの全国普及・定着のため、PROGEA成果の他地域への展開を目指しフェーズ2として開始された。

上位目標
給水施設の維持管理が全国で改善される(全国13州の総計355コミューン)

プロジェクト目標PROGEAフェーズ1で構築した手法を適用したREFORMEの全国展開のための基盤が整備される
成果 
1. 現在の全国におけるREFORME適用状況および他ドナー・NGOのREFORME適用方法に係る教訓が整理・把握され、第1フェーズで作成されたマニュアル・ツールが全国普及用に改訂される
2. 全国普及用マニュアルにより南部中央州にREFORMEが導入される
3. 中央プラトー州にて既存のリソースを活用したREFORMEのモニタリング体制・支援体制が構築される
4. 南部中央州における試行的導入および中央プラトー州におけるモニタリングを通じ、全国普及用マニュアル・ツールが最終化され、REFORME適用に係る手法が公式文書に統合される
5. REFORME適用化の実施体制改善(規定整備、水資源総局・州局能力強化等)が行われる
6. REFORME全国普及に向けた計画が策定される



SelectionFile type iconFile nameDescriptionSizeRevisionTimeUser